【熟練したサービス】 | 筑後地方[久留米市/八女市/大牟田市/小郡市など]の外壁/塗装/屋根葺替/雨漏りの工事なら小川工務店まで。

ホーム > 熟練したサービス > 外壁張替/塗装工事

外壁張替/塗装工事

外壁リフォームのポイント

外壁は「家の顔」

外壁は住宅の第一印象を決める「家の顔」です。

家の中も確かに大切ですが、まずは人に見ていただくための「お化粧」とも言えます。

外壁は外からの暑さや冷気、湿気等を遮断し、日常生活を快適に過ごすための欠かせない役割を果たしています。そのため、年月を重ねると劣化が進みます。

劣化が進むと、外壁にひび割れやはがれが見え始めます。これを放置しておくと、隙間から雨水が侵入し、ひどい場合には下地や柱の腐食を引き起こします。

もし劣化が進み外壁に異常が見え始めたときは、必ずご相談ください。弊社が対応いたします。

外壁リフォームのサインを放置せず、適切な時期に適切なリフォームをすることこそが、家を守る最善策になるのです。

外壁リフォームの種類

1.外壁塗装

外壁塗装

もっとも費用が安く、手軽にできる外壁リフォームが外壁塗装です。

塗る前に外壁の点検と補修を行い、高圧洗浄で汚れを落としてから外壁の塗装を行います。

外壁の劣化が軽度の場合は外壁塗装で済むことが多くなります。

使用する塗料には「フッソ樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」「ウレタン樹脂塗料」「アクリル樹脂塗料」があり、ひび割れの補修材として「弾性アクリル塗料」が使われることもあります。

2.重ね張り

重ね張り

モルタルや既存のサイディングの上から、新たなサイディングやタイルなどを張る外壁リフォームの方法です。

もとの外壁にさらに外壁材が加わるため、既存の壁や下地のチェックする必要があります。

軽量の金属系サイディングなどを用いる場合が多いです。

張り替えと比較すると廃材も少なくスムーズですが、外壁塗装よりも費用がかかります。

3.張り替え

張り替え

既存の外壁と下地を取り払い、骨組みの状態にして、新たにサイディングやモルタルなどを施工する外壁リフォームの方法です。

その作業工程ゆえに外壁塗装や重ね張りよりも費用が多くかかります。

下地から新しく作り直すため、老朽化した古民家のリフォームなどにも対応できます。

骨組みの劣化具合も同時にチェックし、必要な部分は補強します。

サイディング

サイディング

工場生産されるボード状の外壁材です。様々な素材があり、断熱性と遮音性に優れています。タイル風・レンガ風・板張り風など様々なデザイン・カラーがあります。

性能としては、つなぎ目のシーリングが劣化しやすく、3~5年ごとにシーリングの点検が必要になります。

また、外壁塗装も必要で、ボード自体の劣化が進んだ場合は全面補修となります。

モルタル

モルタル

砂とセメントと水を混ぜて作る外壁下地です。樹脂塗料などで塗装します。塗り方は機械による吹き付けなどが一般的な方法です。塗りの厚みによって塗材が変わるのも特徴です。

モルタルはひび割れが起きやすく。だいたい5年~8年で外壁塗装、15~20年で全面補修が必要になります。

また、大きなひび割れは雨水侵入の原因となるため、塗装前に補修が必要となります。

  • 大切にしている想い
  • 小川工務店はここが違う
  • 新築木造住宅
  • 外壁張替/塗装工事
  • 屋根葺替工事
  • クロス張替工事
  • その他リフォーム